2010年11月10日

コミックマーケットさんに花束を



まんが=(イコール)カクレて描くもの、
     描いているのをみっかちまったら
     即、ハメツするもの。即、
     死ななければならないもの。 
    
と、いうつもりでもって、子供時代より長らく、
まんがをコソコソヒヤヒヤびくびく、
ある意味もう決死の覚悟で完全秘密裏
(本当に、本当にそうだったんですよぅ!)に
描いてまいりました自分のようなものにとりましては、

「なんかみんなでタノシそうニ
あつまって、まんがしてるギャね…猫(おじぎ)

っといった、
 「山奥のバケモンにとっての
ふもとの人里の村祭り」的な
 

憧れつも、遥かなる哀しき夢祭りでありました、
「コミックマーケット」さん…
(昔、デビュー前の頃、いっぺん行って
入り込めなくて泣いてかえってきたりした…)  って… 


しかし、それが「まんが」にとって、
どんなに尊く大切なものであるかが、
まんが者として人生の時間を重ねれば重ねるほど、
思い知らされるかのように、わかって参りました。

生物多様性の重要さが、地球規模の緊急懸案として論じられる昨今、
なぞらえますれば、コミックマーケットさんは、
「まんが多様性」を保持し、育む、広大な
熱帯雨林、大サンゴ礁、ラムサール条約に記銘された干潟、
のようなものでありつづけてきたのでしょう。
「ここ」があったから、たくさんの「まんが」が
息の根を止めらるのを免れてきたのだと思いました。

そんな思いを抱きつつ、拝見して参りました、

コミックマーケットの源流

「コミックマーケットの源流 
ファンの、ファンによる、ファンのための市場はいかに生まれたのか?」


~2011年1月30日(日)まで(開館日要ご確認)
http://d.hatena.ne.jp/yonezawa_lib/20100905#1283663063

米沢嘉博記念図書館
http://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/

詳細チラシがこちらにアップされています(PDF/Adobe Acrobat )
http://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/pdf/genryudl.pdf

「まんがを好きでいることは、時として苦しみにもなるけれども、
 大丈夫、
 好きでいても、大丈夫なんだよ」 


と、笑顔の米沢さんにおっしゃって頂いたような、
つもりになって、ハリキる力を頂いた、感動の展覧でありました。

あなたさまのまんが好き度に正比例して
しあわせ度が上昇する、ハッピー空間です。
長期開催されてますので、
折あらばあなたさまも、ぜひ、シアワセに。

*******************************************************************

そんなこんなで、今年の冬、コミックマーケットさんに、
初参加させて頂きます!って突如…  「初」?だっけか?


Littleナントカのおかんってことでこっそり、
ってのはかつてありましたが、
新サークル(っつ~ても真っつぁらのヒトリですが) 
永野のりこ個人誌(ヒトリ…)創作少年ってことで、
スペースが抽選で当たりました!
「おめ~がかよ!?ンざけんなョ!」という
申し訳なさをかみしめつつ、
力いっぱい本を作成させて頂きます。
追々お知らせをこちらに書かせて頂きますので、
どうか、何卒宜しくお願い申し上げます。

っつ~か、キテね!(大必死)
泣いてかえりそうになったとき、
早まらずに、ちょっとここ、下向き
御覧になってみてやって!くださいませな、どうか…

12月31日 金曜日(三日目) 東3地区“オ”ブロック-60a
「永野のりこハウス」ってまんまかい…
posted by 永野のりこ at 17:13| まんが | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

ゲゲゲのJusty Finderさん

今、発売中の週刊アスキーさんで、
ハミングヘッズさんの新しい価格比較検索サービス、
「Justy Finder」さん
http://justy.hummingheads.co.jp/
の紹介ページに、
ジャスティちゃんとファイン太さんの
つつましくもリーズナブルな生活まんがを描かせて頂いております。

紹介ページは、先週号から始まり、
そこでもカットを描かせて頂いております。
まんがは、今週号のが第1回で、3回まであります。

「ロボットちゃんの公平な、まんべんなき検索力で、
 最新の最安値がわかる新しい価格比較検索サービス」

ってことを伺ったと同時に、もう、

「おとうちゃんが、あげにいっしょうけんめい働いて
 作ったお金ですけん、一円も無駄にさせんでごしない…」

的なゲゲゲな暮らしなキャラとおはなしが頭を占めてしまったのですが、
それをその流れで描かせてくださった、ばかりか、
「いつものマッドな奴まで出してきた!?なラフを、通してくださった、
週刊アスキー編集部さんと、Justy Finderさんを
公開なさっておられるハミングヘッズさん
本当にどうもありがとう御座います。

 と、申しますか、すみません…なんだかもう…

御覧頂けましたら幸いです。

P.S.そんなわけで、映画「ゲゲゲの女房」の先行上映会が、
    近くな調布市でありましたので、拝見して参りました。
    ドラマも終始楽しませて頂きましたが、映画版もまた、
    新しい角度から、ゲゲゲの世界に入り込めて、楽しかったです。
    またいつか、くわしく。
posted by 永野のりこ at 13:47| まんが | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

まんがをとおして

「漫画青春ゲゲゲ荘」さながらの展開中で
何重にもおもしろいよ~~「ゲゲゲの女房」。
ってか、長井編集長。゚(゚´Д`゚)゜。
手塚先生とはまた違った形で
まんがの神様だよぅ!!。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン!!キラキラ(ピンク色)

(以上、「ツイ言った~」、そして以下本文)

この齢にして、
未だ人間的に未熟者で、というよりは、
半分ケダモンクマ(OK)の身で人間修行にはげむが如く、といった、
甚だ必死でイッパイイッパイでギリギリで、
人間界で緊張しまくりのイタキモイ有り様の私ですが、
であるにもかかわらず、
淡き交流を断ち切らずにいてくださる
有り難き方々がおられます。
それはひとえに、

まんがをとおして

オレに遭っちゃう前に、まず、
まんが作品をとおして会う機会を
もってくださった方々だから、だよな~…。゚(゚´Д`゚)゜。
と、まんがへの感謝をあらたにしたりしております昨今ですが、
そんな、まんがをとおしてお引き合わせ頂いた方々の、
まんが魂輝けるまんが愛溢れるご新刊


電脳なをさん Ver.1.0
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048687859

まんが愛、特撮愛、怪獣愛等々、
唐沢 なをき先生の天才的に深きソレから
生まれ出でたであろう、愛あってこそのネタの数々。
個人的にvol.663で、レパード(ぐるる)に爆笑いたしました。
「怪獣王」で対談させて頂いたことに、歳月を経るにしたがって
より感謝を深めております。



さよならもいわずに
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4047266027

その現実の出来事を、「まんが」という表現方法をもって
どこまで心の中のリアルに近く、形にし、伝えうるかに
全身全霊全力をもって挑まれたような、
上野 顕太郎先生の渾身の「まんが」です。
あすなひろし先生の原画展会場で久方ぶりに
お会いでき、まんがの濃いぃお話をさせて頂けて嬉しかったです。

そんなわけで、
「まんが」に感謝申し上げつつ…虹

 
                ホント、どうもありがとう御座います…。
posted by 永野のりこ at 16:55| まんが | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。